生活習慣

空と看護師

地球上に住んでいる生物の中でまだ解明されていない世界が微生物だと言われています。ウイルスや細菌しかり、新種を発見するなら微生物界以外は少ないです。なぜなら目で見えない大きさなので、顕微鏡を利用しないと発見できないからです。 ヨーグルトの容器によく見るビフィズス菌をはじめ、乳酸菌は非常に多くの種類があります。今、これらが特に注目を浴びているのは、腸内をきれいにしたり、便通をよくしたりするのに働くからです。 もともと腸内には100-500種類、100兆以上の腸内細菌が住んでいますが、歳を重ねることで悪玉菌が増えたり善玉菌が減ります。善玉菌の味方をするのが乳酸菌です。そのため体外から乳酸菌を補給することが健康にいいということもわかってきました。

微生物には、人間や動植物に害を与える細菌もウイルスもいますが、 乳酸菌に限らず、酵母や麹もそうですが、人間に役立つ微生物もたくさん生きています。 乳酸菌は、糖を分解して乳酸つくる菌でヨーグルトやチーズ・漬物など発酵食品をつくる菌として利用されてきています。ひとくくりにした乳酸菌も、まだ発見されているのはごく一部、乳酸菌もまだまだ未発見のものがあります。 今わかっているだけでも整腸効果・便秘予防、免疫を活性化・調整する効果もあるので花粉症やアレルギー予防、がん予防、コレステロールを下げ、高血圧改善などが期待できます。すなわち健康に欠かせない菌の位置づけになってきています。 今後、より一層健康に貢献する乳酸菌が見つかるかもしれません。